achako's Style

アクセスカウンタ

zoom RSS 5時間。

<<   作成日時 : 2007/01/28 19:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

仕事中の5時間――会議2回分と打ち合わせ1回分。
遊び5時間――ランチ、ショッピング、お茶・・・足りないくらい。
睡眠5時間――睡眠不足・・・まだまだ寝れる。
待っている5時間――すごく長い。

先週、父が手術をしました。
かかった時間――5時間。

病室の前で待っていると、父が点滴引きずりながら看護士さんと出てきた。
「白い巨塔」や「救命救急24時」みたいにストレッチャーでオペ室の前まで移動するものだと思ってたが、違った。(あとで母に言ったら「テレビの観すぎ」と笑われた。)
看護士さんに「ご家族の方はここでお待ちください。」と言われ、病棟で待つことにした。
エレベーターを待っている間、父が
「最期のお別れだから...」 と握手を求めてきた。
「アホなコト言ってないで頑張ってね。」 と母と交互に握手して送り出した。
そんなやり取りを聞いていた付き添いの看護士さんも笑ってた。

当初、午後からの手術と聞いていたんだけど開始時間が早まるかもと朝7時に連絡があったので9時に病院に行った。
しかし、実際始まったのが13時45分。――すでに約5時間病院にいた。

2時間ほどで終了するようなコトを聞いていたが、17時になっても帰ってくる気配なし。
送り出してからの1・2時間は雑誌を読んだり、テレビをみたり、うとうとしたり、母と話して過ごしていたが、口には出さないけど二人の間には不安いっぱいの空気。
看護士さんも気づいたのか、「連絡はないから大丈夫ですよ。」って何度も知らせてくれた。

18時45分――見慣れた先生が押すベッドに酸素マスクやら何やらいろいろ機材をつけた父が横たわって戻ってきた。
執刀医の先生から手術経過の説明をうけて19時過ぎに病室へ。

生まれて初めてみた光景である――
どうしてよいのか分からず言葉に詰まっていると、母が「終わったよ。」と声をかけた。
「おとうさん...」と恐る恐る声をかけると、薄目をあけて手を空に浮かせてる。
急いで手を握った――力強く握り返してきた。と同時に涙がポロポロこぼれた。
つられたのか、母もいつしか涙声・・・とても長い一日だった。
こういう緊張感は、できれば2度と味わいたくないナ...

昨日は仕事で行けなかったんだけど母いわく熱がでて大変だったようだ。
今日は顔色もよくなってまたオモシロいこと言ってたから安心。

待ってる間に母から聞いた話がチョットおかしかった。
毎朝きちんとお米を食べていた父が入院時に

「太るから、朝食はパンにしてください。」

と、こだわったこと。。。笑えた。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お父さんが無事で何よりだよー(´∀`)
腰は術後が大変なので、お父さんに頑張って!
といっておいて下さい。
あちゃこもお母さんもお疲れ様☆
りん
2007/01/29 14:50
りんちゃん、ありがとう。
術後、熱も出てゴハンが食べられなかったみたいだけど、2/3の土曜日から食べられるようになりました。
これからは歩けるようにリハビリに頑張ってもらわないと。。
achako
2007/02/04 17:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
5時間。 achako's Style/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる