achako's Style

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍馬と竜馬。

<<   作成日時 : 2010/05/23 23:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
坂本龍馬。

実は…

日本史は好きなのに、さほど気にしたことがない偉人だった(^-^;

人生の師に「読んでごらん」と渡され、若さ故…全8巻という大作になかなか手付かずに置いてあった、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を大河の影響もあり、読み始めた。

現在6巻、「伏見寺田屋」時代が大きく動き出した。
つい入りすぎて、細かい描写や心情を思い浮かべてしまうので思いのほか時間がかかってる(苦笑)

福山雅治とは大違い(←あたり前だw)の銅像をみても、

なぜモテる?イケメンか?

と、さっぱりわからなかった…

けど、

『竜馬がゆく』を読んでみてわかってきた気がする。
あたしもこの時代に生き、竜馬と出逢っていたら…さな子、お田鶴様やおりょうに続き好きになるかも?って(笑)

残り、あと2巻。

彼女たちに負けないくらい坂本竜馬に惚れ込んでみようと思う(^.^)

今日の『龍馬伝』は不器用な男・武市半平太と妻・富の別れに号泣(;_;)

「ちくっと出掛けてくる」「いってらっしゃいませ」
じーんときた(T_T)

武市先生の最期は電車の中で読んでいて、すすり泣いてしまったところ…大河も目が離せないぜよっ!(^-^)v

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 おじゃましまーす!
竜馬が行くは私のバイブルです。ここから司馬遼太郎の世界にはまっていき、幕末ものが好きになりました!
 昨年はあこがれの桂浜に行ってきて、竜馬像をたっぷりおがんてきました(*^_^*)
ましゅまろ
2011/06/27 20:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
龍馬と竜馬。 achako's Style/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる